『そして父になる』大ヒット公開中 配給:ギャガ© 2013「そして父になる」制作委員会
『そして父になる』大ヒット公開中 配給:ギャガ© 2013「そして父になる」制作委員会
『そして父になる』大ヒット公開中 配給:ギャガ© 2013「そして父になる」制作委員会
『そして父になる』大ヒット公開中 配給:ギャガ© 2013「そして父になる」制作委員会

 大手建設会社に勤務し、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多(福山)は、人生の勝ち組で誰もがうらやむエリート街道を歩んできた。そんなある日、病院からの電話で、6歳になる息子が出生時に取り違えられた他人の子どもだと判明する。妻のみどり(尾野)や取り違えの起こった相手方の斎木夫妻(リリー、真木)は、それぞれ育てた子どもを手放すことに苦しむが、どうせなら早い方がいいという良多の意見で、互いの子どもを“交換”することに…。

 

『そして父になる』大ヒット公開中 配給:ギャガ© 2013「そして父になる」制作委員会

 6歳になる息子は、病院で取り違えられた他人の子だった。人生で勝ち続けてきたエリートの男に、突然降りかかった“事件”。実の子か育ての子か、迫られる無情な選択。
「血のつながりとは、家族とはいったい何か?」と、魂に深く問う衝撃作!
このような子どもの取り違えは、あってはならない事件、事故。過去の取り違えの事件では、100%血のつながりをとるというが、6年という歳月をともに過ごした家族には答えが出せない事実に、考え、苦悩する。
映画のセリフより
主人公の父が言う。
「いいか。血だ。これからどんどんその子はお前に似て来るぞ。慶多は逆にどんどん相手の親に似て来るんだ。」
 義母は言う。
「血なんてつながっていなくたって、一緒に暮していれば情はわくし似て来るし、夫婦ってそういうことがあるじゃない。親子もそうじゃないかしらね?」
それぞれの形で6年間の歳月を抱きしめるふたつの家族。限られた時間の中で、親にも子にとっても、重大な決断をしなければならない【その日】までどう過ごしていくのか。

そしてその日がやってきて、主人公は本当の“父”としての葛藤が始まる。


 監督は 代表作 「奇跡」「空気人形」「歩いても歩いても」「誰も知らない」 など、今最も国内外で活躍する是枝裕和監督。本作で息子、父を描いた理由について「取り違えはテーマではなくきっかけであり、何をもって父親になれるのか、子どもとのつながりは何か自分自身への問いかけがあった」と明かし、「日本には古い男性家系の考え方が残っているので、父と息子にすることで、血なのか時間なのかという問いを明確に描きたかった」と語っている。


 本作は2013年5月、第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門という最高の舞台で初披露! 10分以上に渡る熱烈なスタンディング・オベーションを受け、審査員賞を受賞した!
審査委員長のスティーヴン・スピルバーグは「初めて観たときから本作が賞に値するという確信は揺るがなかった」と語り、
ニコール・キッドマンは「後半1時間涙が止まらなかった」という世界が涙した感動作!

多くの観客が涙し、主演の福山さんも拭っても拭っても流れる涙は止まらなかったほど。


 2人兄弟の次男として生まれ、父親は博打が好きで家に帰らず母親がパートに出るなどして生計を立てていたそうです。
女手一つで2人を育てる母親と、たまに帰ってきては大声で怒鳴る父親の姿しか見ていなかったと言います。
そんな父親も17歳のときに亡くし、葬儀に来たのは当時マージャン仲間だった人たち・・・。
高校を卒業後、電機メーカーに就職するもわずか5ヶ月で、ミュージシャンになるために上京したのですが、本当は家族と離れて暮らしたいという思いが強かったといいます。
俳優。ミュージシャンとしてデビューした電話を母親にしても褒められるわけでもなく、
子供扱いされたそうです。
「家族なんて…」という思いが強くなる一方で実家にも帰らないことが当たり前になっていき、結婚への願望も薄くなっていったといいます。
福山さん自身『結婚願望があまりないのも、おそらく自分の中に”家族”というものに対して良い印象がなかったからでしょうね。』と語っています。

『父を超えたい』『母に認めてもらいたい』

福山さんの環境を考えると、大変難しい役だったと思うし、この役を演じきる精神力がすごいですね。自分からオファーしている事も「父を越えたい」「母に認めてもらいたい」という挑戦なのかもしれませんね。

 


ぜひ本作品を大切な方とご覧なってください。
「家族」というものに良い印象がなくても、家族があっての“自分”がいるということを忘れないでください。
そして家族がいないひとは「血の繋がり」がなくとも家族は作れるということを心に刻んでください。

そしてこの映画を見たあとに、いっぱい泣いてください。いっぱい笑ってください。

最後に 家族でいっぱい話してください。限りある家族の時間を大切にしましょう。

 


日本公開は 10月5日(土)を予定していたが、「早く観たい!」という要望にお答えして

シネマハーヴェスト×シネマロブレにて
9月28日(土)公開と変更になり、絶賛上映中!

上映時間や映画の詳細は当社HPをご覧下さい。